自然豊かな土佐の恵み"鰹”!その美味しさの理由

高知・四万十。日本最後の清流と呼ばれる四万十川が流れる、自然豊かな土佐の地から、美味しくてうまみたっぷり、安心していただける食材が届きました!

日本最後の清流といわれる四万十川

 

現地の美味しさ、そのままお届け!

カチモが「とにかく召し上がっていただきたい!」と太鼓判を押すのが、ぷりっぷりの一本釣り地鰹の藁焼きたたき。そして、土佐の食文化を継承する、つぎ足して使えるだし醤油とだし酢。ほかの商品ではちょっと味わえないような"地のモノ"ならではのうまみ・風味の豊かすぎるホンモノの逸品。自宅にいながら、四万十を旅して名物を堪能しているかのような感覚に浸ることができ、そしてお腹も心もまんぷくに。

 

そんなしまんとのごちそうをご紹介いただいたのは、しまんと百笑(どめき)カンパニーの細木紫朗さん。地元高知・四万十のご出身です。

 しまんと百笑かんぱに株式会社 代表 細木紫朗さん

鰹のたたきは「鰹に関して一癖も二癖もある()目利きの元・漁師が選んだ鰹を、その日のうちに捌いて藁で焼き、袋詰めして瞬間冷凍。今一番美味しい旬の味を袋詰めしています。大量生産はできない貴重な鰹」(細木さん)。

塩のみやポン酢、塩だれでも(合わせるのはビールだそう)

そして、つぎ足すだし醤油とだし酢。高知といえば鰹、鰹を使った「まだないモノを作ろう」と生まれた"参加できる調味料"。瓶の中に宗田鰹節と鰹節が入っていて、使い切ったらお好みの醤油や酢を入れて繰り返し楽しむことができます。なじみ深いご自宅の醤油や酢が、香り豊かな高級料亭風に大変身!

おしゃれなパッケージデザインは細木さんによるもの 

昔の人の食生活の良いところを
現代に合うようにリメイク

細木さんはもともとはグラフィックデザイナー。印刷会社に所属し地元の食を紹介するフリーペーパーの制作に関わるように。「飲食店を紹介する中で、地元の食材なんかも紹介していたら生産者さんとのお付き合いも広がっていって。"売ってください"と声がかかるようになったんです」(細木さん)。その当時、モノを売ることは未経験ながらも、所属先の印刷会社に物販部門を設置することになったそう。

その後、細木さんの「自然に囲まれた高知・四万十の良さを最大限に伝える。世の中にまだないモノを作り出し届ける」という取り組みが多方面に広がり。会社の枠に収まらなくなってきたことから「しまんと百笑かんぱに株式会社」を設立。現在は、商品の企画・製造・販売を一貫して自社で行うほか、地元生産者のもとで製造された食材も取り扱っています。

 

豊かな自然に恵まれた高知・四万十には、自然に逆らわず、また旬の食材に手をかけることを惜しまない食の文化が根付いているそう。「地域に伝わる、昔の人の食文化や生活の良いところを、現代に合うようにリメイク。素材の味を大切にしながら、なるべく添加物を使わず、今の生活スタイルに取り入れやすい形にして提供しています」と細木さん。

 

だし醤油・だし酢はその"リメイク"が形になった商品のひとつ。地元の人たちが、商品にならない鰹節を瓶に入れてだし醤油として楽しんでいたことがきっかけとなり誕生したんだそう。「商品としてはなかったから。じゃあ作ろうと」(細木さん)。今や"自分で育てる調味料"として、日本国内はもちろん、海外でも人気のヒット商品になっています。

 

食べる人・作る人、みんな美味しい!
いなかフェアトレード

そして、細木さんの取り組みで欠かせないのが四万十地域で実現する「いなかフェアトレード」。四万十地域の生産者が連携してこだわりのモノづくりに取り組み、国内外に発信し販売をするというもの。「地元の美味しいモノに正当な対価をお支払いする。生産者の皆さんにはなるべく値切り交渉をしないようにしています。食料の原価が下がる中、モノの価値をあげていかなければならない。10年後、20年後、未来にもつながるように。地域に昔から伝わる食文化や生活を、新しい価値観で創造していきたいんです」(細木さん)。

 

ここ数年のさまざまな制限のある環境下、細木さんは新しい活動をスタート。それが「一人商店しまんとポータルサイト」。四万十地域の仲間たちがつながり、昔ながらの食文化から生み出したこだわりの食品をオンラインで紹介。全国のバイヤーと商談できる事業者向けのポータルサイトです。場所や時間を気にすることなく、しまんとの食を伝える場として好評。「土佐ジローのたまごや昔ながらの食パンなど、四万十の本物の食材が全国に広がっています」(細木さん)。

 

四万十ならではの昔からある食文化の魅力を現代風にリメイクし、既存にない商品を生み出す。新たな四万十の価値を発信し、作る人(=四万十の生産者)、食べる人(=全国の私たち)がみんな美味しく満たされる。四万十川の穏やかな流れのように、価値と商品が循環する取り組み。そんな土地の食材は、そりゃあ美味しいわけですね。

▷しまんと百笑かんぱに
https://shimantodomeki.localinfo.jp/
▷一人商店しまんとポータルサイト
https://www.hitorishoten.com/

カチモでご紹介中
しまんとのごちそう!

 

 

カチモ編集部取材後記

とにかく豪快で楽しい細木さん。この人が手掛けるものは美味しいんだろうなあ…とわくわく想像させる方です。高知・四万十で昔から親しまれている大皿料理「皿鉢料理(さわちりょうり)」について「料理を作る人もみんなで一緒にお酒を飲みたい、という高知ならではの料理」(細木さん)と教えてくださいました。高知ならではみんなで楽しく!美味しく!の心意気が、商品づくりの源にあるんだと感じます。