寝苦しい夜も心地よく。カチモな快眠寝具

最近では夜になっても気温が下がらず、寝苦しい日がよく続きます。夜暑くて何度も起きてしまったり、朝起きた時に汗をかいていて気持ち悪いなんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

次の日を元気に過ごすには、良質な睡眠が必要です。そこで、今回は少しでも気持ち良い睡眠時間を過ごせるように、カチモ編集部が寝具をセレクト。

明日のために気持ちいいベッド作りをしてみませんか。

 
【快眠寝具1】アウトドアにも使えるマルチケット
WARP マルチケット オーセンティックSV+4どんなに暑い夜でも、「何かかけて寝たい!」「エアコンで寝冷えしないように…」と思われる方も少なくありませんよね。オーセンティックSV+4なら、140×140cmと小さすぎず大きすぎず大人から子供まで使いやすいサイズ。

二重ガーゼで無撚糸パイルを挟み込んでいるので、ふっくらしつつもさらりとした肌触りです。ハイドロ銀チタン(R)加工なので、ニオイ対策もバッチリ。


夜の就寝時以外にも、プール帰りや暑い日差しに当たって疲れたのでお昼寝…なんて時にもちょうど良く便利です。

 

>>>詳しくはこちらへ 

 

 

【快眠寝具2】ふんわり触感のタオル寝具セット
今治 ナチュラルコットンタオル寝具ふんわりとした肌触りがお好きな方にはコットンタオル寝具なんていかがでしょうか。

愛媛県の今治で丁寧に作った敷くタオル・枕カバー・タオルケットはいずれも天然繊維コットン。無漂白、無染色なので肌の弱い方にも使いやすく、タオルと同じように洗濯機で洗えるのでお手入れもカンタンです。


セットとなっているタオルケットは冷房が直接当たるのが苦手という方にも十分な大きさ。タオルに優しく包まれる寝心地が眠りを誘ってくれるはずです。

 

>>>詳しくはこちらへ 

 

 

【快眠寝具3】触った瞬間ひんやり!敷きパッド
篠原化学 マジカルドライクールプラスジメッと湿度があって暑い日本の熱帯夜に利用したいのがマジカルドライクールプラス。接触冷感なのでベッドに横になった瞬間ひんやりさらりとした触り心地。

そして最大の特徴は睡眠時の湿度を調整してくれる吸放湿性。7時間の間に約230g(シングルサイズ換算)も湿気を吸い取ってくれます。吸湿してくれた後はどんどん放湿もしてくるので、ムレ感を軽減してくれます。


シリカゲルが入っていても、家庭用洗濯機でお洗濯できるので、お手入れもカンタンです。

 

>>>詳しくはこちらへ 

 

 

【快眠寝具4】ニオイが気にならないピローケース

cococi LDK ピローケース SLストライプ寝汗をかいてしまう夏には、枕のニオイが気になる…。なんてお悩みも増えるのではないでしょうか。そんな方におすすめしたいのがこちらのピローケースです。

 

優しい風合いの生地にはハイドロ銀チタン(R)加工(+4)。汗やニオイなどの不衛生タンパク質を繊維上で分解して水や二酸化炭素に変えてくれるので、嫌なニオイが気になりません。

 

デザインは裏表で異なるので、気分や使っているベッドリネンに合わせてコーディネートも楽しめます。

 

>>>詳しくはこちらへ 

暑さでついつい眠りが浅くなったり、疲れが取れにくくなってしまう夏の睡眠。機能性のベッドマットや心地良い眠りを誘ってくれる寝具で、自分にあった睡眠環境に整えてみるのはいかがでしょうか。


ベットリネンの素材を変えるのも季節を感じやすいのでおすすめ。きっといい気分転換になるはずです。